環境・品質方針

トップページ > 品質方針

品質方針

  • 品質マネジメントシステムを積極的に推進し、業務改善を継続的に実践することで業務プロセス及び技術の質を高め、顧客に満足していただける設備を建設する。
  • 企業活動及び、工事の遂行にあたって、法令、条例、規則、協定の遵守および企業に求められる社会通念を含む倫理綱領を実践していく。
  • 年度当初、各部署において評価可能な品質目標を設定し、実行する。
  • 品質目標達成程度、QMS活動評価結果、社会情勢などの情報を分析し、品質方針、品質目標を定期的に見直す。
  • H28年度に新たに取り入れた力量マップを有効に活用し、教育訓練計画に組込み、各人の力量を向上させることにより品質の向上に寄与し、顧客満足度を高める。
  • H29年度早期に、ISO9001:2015版に移行することにより、パフォーマンス全体を改善し、持続可能な発展への取組の安定した基盤を構築する。

平成30年度品質目標
[QMSとEMSを有機的に結合させ、全社的な品質の向上を目指す」

平成30年7月1日 代表取締役社長 村上 博崇

会社案内事業案内事業所環境・品質方針採用情報お問い合わせ